トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 がん患者の血栓リスクに関する知見が血液型から得られる可能性

20 Apr 2022

Blood Advances誌に掲載された新研究によると、A型、B型、AB型などの非O型血液型でがんの人は、最初の診断から3か月後に静脈血栓塞栓症(VTE)を発症するリスクが高いことが示唆されている。

米国では、予防可能な病院死の主な原因であるVTEの危険因子を理解するために、研究者らが長い間尽力してきた。既存の評価では、腫瘍やがんの種類などの要因を用いて、VTEのリスクが高い人を検出している。

しかし、これらの診断を受けていない多くの患者が、生命を脅かす血栓を発症しているにもかかわらず、発見されないままになっている。

VTEには、通常、足の深部静脈に形成される血栓である深部静脈血栓症(DVT)と、血栓が遊離して肺の動脈に留まることで生じる生命を脅かす疾患である肺塞栓症(PE)が含まれる。

この血栓は誰にでも起こりうるが、既存の研究では、非O型の血液型の方がVTEを発症しやすいことが示唆されている。また、がんやがん治療によっても血栓ができやすくなる。重症のがん患者はVTEを発症しやすい一方で、血栓症との関連が低いがん患者のリスクについてはあまり研究がなされていない。

本研究では、被験者のVTE発症の可能性における非O型血液型の役割について調査した。研究者らは、Vienna Cancer and Thrombosis Study(CATS)データセットから、新規または再発のがん診断を受けた成人被験者1,708名からデータを収集した。

研究者らは、まず血液型で参加者をグループ分けし、次に腫瘍の分類に基づいて参加者を分類した。膵臓がん、胃食道がん、脳腫瘍の患者は、ハイリスクと診断された。

腫瘍の種類はVTEを発症しやすい人を特定するのに有効だが、それほど重くない腫瘍でも多くの人が危険な血栓を経験するため、さらなる監視と治療が必要な場合がある。

この研究結果は、血液型検査がもう一つの重要な予測指標となる可能性を示唆している。

「腫瘍の種類がVTEのベースラインリスクを決定するのに役立つことはわかっている。しかし、これらのリスク評価では、血栓を発症するすべてのがん患者を把握できないことが分かっている」と、研究著者であるMedical University of Viennaの医学博士課程の学生Cornelia Englisch氏は説明した。「腫瘍の種類を評価するだけでは、VTEを発症する人の最大50%を見逃すことになる」

その結果、非O型血液型の患者は、がんの診断または再発から3か月後にVTEを発症する可能性が高いことが示された。

Englisch博士によると、この関連性は診断時には現れない。なぜなら、がん治療により患者が血栓を生じる可能性が高くなり、治療の初期段階では血液型がVTE予測因子として重要でなくなるためである。

非O型血液型で高リスク疾患カテゴリー以外の腫瘍のある患者は、時間とは無関係に血栓を発症する可能性が高く、腫瘍の種類にのみ依存してVTEリスクを検出すると、多くの患者が見過ごされる可能性を示している。

Englisch博士は、これらの知見は新規のものではあるが、予備的なものであり、さらなる研究が必要であると述べている。研究者らは今後、これらの知見の根底にある生物学的なメカニズムをよりよく理解することも目指している。研究者らは、血液型検査が将来、がん関連VTEのリスク評価において有用なツールとなることを期待している。

「血液型検査は簡単に実施でき、世界中で行うことができ、専門的な背景知識や機器も必要がない」と、Englisch博士は述べている。「もちろん、危険因子の特定は、がん患者の生命を脅かす合併症をよりよく理解することにつながる。おそらく、これによって、血液型が臨床バイオマーカーとして果たす役割に対する認識が深まるだろう」

https://ecancer.org/en/news/21778-blood-type-may-offer-insights-into-risk-of-blood-clot-in-people-with-cancer

(2022年4月14日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー