トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん 血液がんの成人は、COVID-19ワクチンの初回投与ではなく、ブースターが効果的

15 Jul 2022

本試験のほとんどの患者が、ブースター投与後、免疫反応を示し、抗体反応を示した患者ではCOVID-19による死亡者はいなかった。

白血病、リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液がんの患者は、病気や治療により免疫力が低下しているため、COVID-19の重症感染症やCOVID-19ワクチン接種に対する反応が低下するリスクがある。

American Cancer SocietyのCANCER誌Wiley online版に掲載された最近の研究では、血液悪性腫瘍患者の半数以下がCOVID-19の初回接種後に検出可能な抗体を獲得したが、「無応答者」の56%がブースター接種後に抗体を獲得した。
この研究では、Brown UniversityのThomas Ollila医師らが、血液悪性腫瘍患者378名のCOVID-19ワクチン初回接種とブースター接種に対する抗体反応をレトロスペクティブに分析した。

米国食品医薬品局(FDA)が認可または承認した3種類のCOVID-19ワクチンのうち1種類を初回接種した患者181名(48%)の血液中に抗SARS-CoV-2抗体が検出され、活動性のがん患者や最近免疫細胞除去療法を受けた患者は、これらの抗体を最も作りにくいという結果が出た。

初回接種で抗体反応が得られなかった患者のうち、評価対象となった85名中48名(56%)で、ブースター接種後に抗体反応が認められた。

2022年2月末までに33名(8.8%)がCOVID-19に感染し、COVID-19関連死亡は3名(0.8%)であった。

ワクチン接種後の抗体反応とCOVID-19感染症の発症率との間に有意な関連は認められなかったが、抗体反応を示した患者のうち、COVID-19で死亡した者はいなかった。

また、チキサゲビマブとチルガビマブの併用投与を受けた患者では、COVID-19感染症と診断された患者はいなかった。

Tixagevimabとcilgavimabは、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質の重複しない部分に結合し、ウイルスが細胞に結合して感染するのを防ぐ抗体治療薬である。

FDAは、COVID-19パンデミック時に、特定の個人におけるCOVID-19感染予防に役立つ方法として、本併用療法を緊急に承認した。

「今回の結果は、血液悪性腫瘍患者はCOVIDワクチン接種に対する反応性が低下していることを示す豊富な文献に基づく。重要なのは、初期に反応しなかったこれらの患者の多くが、ブースターワクチン接種で実際に反応することを示したことである」と、Ollila博士は述べている。

「さらに、転帰を見ると、われわれが検討した患者集団では、COVID-19による死亡は抗体が検出されなかった人にのみ起こり、予防的な抗体療法を受けた人の中にCOVID-19と診断された人はいなかった。このことは、これらの患者の抗体価を確認し、予防的な抗体療法の準備の重要性を示唆している」

Ollila博士は、患者にブースターワクチンを提供し、適応があれば予防的な抗体療法を優先することを奨励している。

「これは、これらの行動が命を救うことができるという現実的な証拠である」と、Ollila博士は述べた。

https://ecancer.org/en/news/22022-adults-with-blood-cancers-respond-to-booster-not-initial-dose-of-covid-19-vaccine

(2022年7月11日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー