トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:肺がん 肺がん治療の改善につながる遺伝子の発見

22 Jul 2022

肺がんは、がんの中で最も死亡率の高いがんであり、全世界で180万人が死亡していると推定されている。

近年、この疾患に対する治療法は改善されてきているが、Edith Cowan Universityの新研究により、さらに効果的な治療法が発見された。

肺がん診断の80-85%を占める非小細胞肺がんとの闘いにおいて、免疫療法は大きな武器として登場した。

残念ながら、免疫療法は患者にとって深刻な副作用をもたらすこともあり、少なくとも74%の患者が免疫関連の副作用を経験すると言われている。
最大21%がグレード3または4の毒性を発症し、皮膚、腸、肝臓、内分泌系に影響を与える生涯にわたる合併症につながる可能性がある。

このような副作用のために、がん治療を中止せざるを得なくなり、病状がさらに進行する危険性がある。

しかし、やや矛盾することに、これらの免疫療法の副作用を経験した人は、そうでない人に比べて、がんの進行に良い結果をもたらす傾向がある。

研究監督者であるECU’s Centre for Precision HealthのElin Gray准教授は、免疫療法は「諸刃の剣」のようなものであると述べているが、研究者らは重要な発見をした。
「免疫療法は、がん細胞を認識し死滅させるために免疫系を解き放つ」と、Elin Gray准教授は述べた。

「しかし、免疫細胞を解き放ち、身体を攻撃し、毒性を引き起こすこともある」

「われわれの研究は、ある種の遺伝的特徴が、がん患者が抗がん剤治療の副作用や毒性を発現する素因となることを初めて明らかにした」

「これを知ることで、医師は患者に対する治療を改善することができる」

“HLA”の発見はすべての人に恩恵をもたらす

研究のカギとなるのは、体内のほとんどの細胞に存在するマーカーである「ヒト白血球抗原」(HLA)である。

免疫システムは、HLAを利用して、どの細胞が体内にあって、どの細胞がないかを判断し、ウイルスや感染症、そしてがんを検出する警報システムの一部となっている。
研究チームは、非小細胞肺がん患者179名のHLAを調べたところ、HLAの遺伝子構成と免疫療法による副作用が出やすいかどうかに強い関連性があることを発見した。

研究代表者のAfaf Abed博士は、この発見は、免疫療法による副作用に対する遺伝的な傾向の有無にかかわらず、すべての非小細胞肺がん患者にとって有益であると述べている。

「副作用のリスクがないと判断した場合、医師は治療を強化し、より積極的に病気と闘うことができる」と、Abed博士は述べた。

「リスクが高い 」と判断した場合、医師は無理せず治療を行い、モニタリングし、患者がグレード3や4の毒性を示す前に介入することができる」

「いずれにせよ、患者におけるこれらの免疫介在性有害事象のリスクを予測するバイオマーカーは、これらの治療に伴うリスクを低減する可能性がある」

単剤免疫療法を受けた非小細胞肺がん(NSCLC)患者における免疫関連有害事象(irAE)の発現とHLA遺伝子型の関連性」は、European Journal of Cancer誌に掲載された。

https://ecancer.org/en/news/22040-genetic-discovery-to-improve-lung-cancer-treatment

(2022年7月14日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー