トップ > ニュース

ニュース

ecancer:肺:ELCC 2019:維持免疫療法は進展期の小細胞肺がんの生存率を改善できない

16 Apr 2019

維持免疫療法では進展期の小細胞肺がん(SCLC)の生存率は向上しないというCheckMate 451試験における最新結果が、European Lung Cancer Congress 2019(ELCC).で発表された。

 

SCLC患者の約60〜70%が診断時に広範囲に広がっている。それは単一の肺や近くのリンパ節を超えて広がっていることを意味し、放射線療法で治療することはできない。

 

ほとんどの患者は化学療法に反応するが、反応の期間は通常短く、がんは短期間で増殖する。

 

化学療法後の標準的なアプローチは、介入する前に腫瘍が増殖するまで待つことである。

 

本研究では、化学療法成功後に維持免疫療法を行うことによって、早期に行動することで、全生存期間が改善されるかどうかを検討した。

 

本研究では、4サイクルの化学療法後もがんが進行しなかった、進展期のSCLC患者834名が登録された。

 

患者は、ニボルマブとイピリムマブの併用免疫療法、ニボルマブ単独、またはプラセボとの1:1:1の比率で無作為に割りつけられた。

 

患者は2年間、またはがんの進行、死亡、または許容できない毒性があるまで治療を受けた。

 

プラセボと比較して、全生存期間は併用免疫療法(主要評価項目)またはニボルマブ単独では有意に延長されなかった。

 

米国アトランタ、Emory UniversityのWinship Cancer InstituteのClinical and Translational Review Committeeの共同議長であり、本研究の著者でもあるTaofeek Owonikoko教授は、この発見は「大きな失望」であると述べた。

 

しかし彼は、次のように付け加えた。「併用免疫療法またはニボルマブ単独のいずれかを受けた患者では、プラセボと比較してがんの進行に時間がかかるという兆候があった。これは本研究の主要評価項目ではないため、最終的な結論を下すことはできなかったが、特に免疫療法に反応する患者ではこの戦略が有望である可能性を示している。化学療法完了後、より早く維持療法を開始した患者がより大きな恩恵を受けるように見えたので、挑戦はそれらの患者をどのように選択し同定するかであろう」

 

有害事象発生率は、ニボルマブ+イピリムマブで86%、ニボルマブで61%、プラセボで50%だった。

 

毒性による中止率は、併用免疫療法で31%、ニボルマブで9%、プラセボで1%未満だった。

 

治療関連死は、ニボルマブとイピリムマブを併用している7名(2.5%)、ニボルマブを服用している1名、およびプラセボの1名で発生した。

 

今年のELCC総会の共同議長のPilar Garrido博士は、結果についてコメントし、次のように述べている。「これは、任意抽出のSCLC患者における維持免疫療法に関する話の終わりにみえる。以前の小規模な研究も否定的だった。 無増悪生存期間の結果は陽性のようにみえるが、研究デザインは主要評価項目が陰性であったために、それらを考慮することができないことを意味する。 それに加えて、毒性のために死亡や治療中止が懸念されている。」

 

スペインのマドリードにあるRamón y Cajal University Hospital腫瘍内科の胸部腫瘍部門の責任者であるGarrido氏は、小細胞肺がんにおけるトランスレーショナル・リサーチに関連する具体的な課題があると述べた。

 

「SCLCは「難治性」疾患であり、この分野における研究は、疾患進行のペースが速いことや細胞組織の利用可能性が限られていることなど、いくつかの理由で特に困難でである」とGarrido氏は述べている。

 

いくつかの肯定的なデータはあるが、免疫チェックポイント阻害剤の最終的な役割は進行中の試験結果によって方向づけされる。

 

予測バイオマーカーは、免疫チェックポイント阻害剤で治療可能な小細胞肺がんのSCLC患者を特定するために非常に重要であり、免疫反応の複雑さをよりよく理解するために前向き研究において評価されるべきである。

 

維持治療に反応するサブセットの存在するかどうかに関して、Garrido氏は次のように結論を述べた:「この研究は否定的であり、利用可能な情報をもってしても、言うのは難しい。われわれは、SCLC患者に新たな選択肢を切に必要としており、質の高い研究へのこだわりが重要である。

 

https://ecancer.org/news/15814-elcc-2019–maintenance-immunotherapy-fails-to-improve-survival-in-extensive-small-cell-lung-cancer.php

 

(2019年4月11日公開)

Gut Japanese abstract collection
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2019 Conference News 速報
国際学会カレンダー
ID Week 2018
HIV Glasgow 2018
AIDS 2018 Conference News