トップ > ニュース

ニュース

ecancer:婦人科:いくつかの亜集団で増加している子宮頸がんサブタイプ

23 Apr 2019

新研究では、パップテストに適していない種類の子宮頸がんが、女性のいくつかの亜集団で増加していることが報告されており、ヒトパピローマウイルス(HPV)検査および予防接種の重要性が高まっていることを示唆している。

 

本研究は、Preventive Medicine誌オンライン版に掲載されている。

 

子宮頸がん発症の全体的な傾向は、扁平上皮がんの減少によって引き起こされており、これが子宮頸がんの大部分を占めている。

 

残りのほとんどは腺がんであり、そのためにパップテストの感度が低い。

 

子宮頸がんの発生率全体は数十年にわたって低下しているが、子宮頸部腺がんは過去20年から30年の間にさらに一般的になってきたようである。

 

しかし、最近の傾向についての報告は限られている。

 

さらなる調査のために、Farhad Islami氏が率いる研究者らは、米国における最近の子宮頸がん発生率の傾向を組織学および年齢別に分析した。

 

彼らは、U.S. Cancer Statistics Incidence Analytic Databaseのデータを使用して、年齢層、人種/民族、および診断時の段階別に、米国における扁平上皮がんおよび腺がんの発生率の傾向を調べた。

 

彼らは、非ヒスパニック系白人を除き、すべての人種/民族グループで扁平上皮がんの発生率が減少し続けていることを発見した。

 

腺がんについては、1999年から2002年の間に安定した後、非ヒスパニック系白人の発生率は2002年から2015年の間に年間1.3%上昇した。

 

これらの増加は、40〜49歳の女性の急激な増加によるもので、そのうち子宮頸部腺がんの発生率は2004年以降年率4.4%、50〜59歳の女性では2011年以降年間5.5%の上昇であった。

 

腺がんの発生率は1999年から2015年の間に黒人とヒスパニック系で減少し、アジア系/太平洋諸島の住人で安定していた。

 

「いくつかの亜集団における[腺がん]の増加傾向または安定した発生傾向、および[扁平上皮がん]の早期減少の減衰は、増加傾向を逆転し、米国における子宮頸がんの負担をさらに軽減する努力の強化をはかる重要性を強調している」と著者らは書いている。

 

著者らは、子宮頸がんの負担をさらに軽減するために、「ガイドラインに従ってスクリーニング利用率を高め、陽性結果を適切にフォローアップするためにはさらなる努力が必要である」と述べている。

 

彼らは、HPV検査の使用を増やすことで腺がんの早期発見を改善する可能性はあるが、HPV検査でさらに一般的になる可能性のある過剰診断を減らすために、スクリーニング戦略をさらに改善するための研究も推奨している。

 

HPVワクチン接種は、子宮頸がんを予防するための効果的なツールである。なぜなら、これらのがんはすべて実質的にHPV感染によって引き起こされるからである。

 

「われわれの結果はまた、HPVワクチン接種の重要性も強調している。その使用を増やすためには協調的な努力が必要であり、それは依然として最適とはいえない」とIslami氏は述べた。

 

https://ecancer.org/news/15854-cervical-cancer-subtype-rising-in-some-sub-populations.php

 

(2019年4月18日公開)

 

Gut Japanese abstract collection
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2019 Conference News 速報
国際学会カレンダー
ID Week 2018
HIV Glasgow 2018
AIDS 2018 Conference News
UEGJ