トップ > ニュース

ニュース

ecancer:脳:ロシアの科学者らが手術中に悪性脳腫瘍を診断するシステムを開発

14 May 2019

Research Medical University of Volga regionおよびInstitute of Applied Physicsは、手術中に悪性脳腫瘍を診断するためのシステムを開発した。

 

この方法は、光干渉断層撮影(OCT)に基づいている。

 

医師らは悪性細胞と健康な細胞の違いを明確に示す脳組織の画像を得た。

 

この方法は腫瘍除去手術を単純化し、それらをより効果的にする。

 

結果は、Frontiers in Oncology誌に掲載された。

 

グリオーマは中枢神経系の最も一般的な病気の一つである。

 

その治療の困難さは、腫瘍がときに白い物質に「成長」し、明確な境界がないという事実に関連していた。

 

科学者らは腫瘍の境界を決定するために光干渉断層撮影(OCT)を使用している。

 

動作原理は超音波診断に似ている。

 

しかしながら、光波は、組織を1〜2mm貫通し、そして構造に応じて、さまざまな強度で反射する。

 

得られたデータに基づいて、装置は脳の画像を作成する。

 

「OCTはさまざまな組織の診断に使用できる」と、Institute of Applied Physicの高感度光学測定ラボの上席研究者であるAlexander Moiseev氏はコメントする。「われわれの仕事は組織の典型的な特徴を識別し、それらを体系化する方法を学ぶことである」

 

科学者らは、腫瘍の除去および生検中に患者から採取した300以上の組織サンプルの画像を分析し、悪性細胞と健康な細胞の違いを分類した。

 

主な基準は、OCT信号の強度である。

 

「光は健康な脳組織を浅く貫通し、非常によく放散する。したがって、白い物質から強い信号を受ける。腫瘍細胞はより細かく断片化されているため、光はより遠くに行き渡る」と、University Hospital of the Research Medical University of Volga regionの 神経外科医Konstantin Yashin氏は述べる。

 

超音波またはMRIと比較して、OCTはより高い解像度を有する。

 

それゆえ、科学者らは、画像分析のための追加の基準、すなわち組織構造の均一性を特定した。

 

現時点では、科学者らはin vivo研究でOCTの情報量を増やすためのプロジェクトを実行しており、彼らは信号の品質を改善するために取り組んでいる。

 

また、研究者らは生検用の特別なカテーテルにも取り組んでいる。

 

現在、必要なサンプルを入手するために、医師らは多数のサンプルを採取しなければならず、これは患者のリスクを増大させる。

 

OCTを使用して、腫瘍の正確な位置を特定し、血管の損傷を回避することが可能になるだろう。

 

脳神経外科以外にも、この技術はすでに血管内手術、皮膚科、泌尿器科で使用されている。

 

https://ecancer.org/news/15980-russian-scientists-developed-a-system-for-malignant-brain-tumours-diagnosing-during-surgery.php

 

(2019年5月7日公開)

 

Gut Japanese abstract collection
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2019 Conference News 速報
国際学会カレンダー
ID Week 2018
HIV Glasgow 2018
AIDS 2018 Conference News