トップ > ニュース

ニュース

ecancer:血液:EHA 2019:T-ALLエンジンの燃焼:NADKはT細胞急性リンパ芽球性白血病における新しい治療標的となる

02 Jul 2019

T細胞急性リンパ芽球性白血病(T−ALL)は攻撃的ながんであり、小児の15%および成人患者の50%が死に至る。

治療法は何十年もの間大きな変化はなく、新しい治療アプローチの必要性がある。

ほとんどのT-ALL症例は、NOTCH1または関連遺伝子の変異によって引き起こされている。

これらの突然変異は、T-ALL細胞を急速に増殖させる遺伝的プログラムを開始する。

研究者はCRISPR-Cas9-based methodを使用して、ヒトゲノム(約20,000遺伝子)をスクリーニングし、NOTCH1駆動型T-ALL細胞の生存にとくに必要な50を超える遺伝子を同定した。

この研究結果は、2019年欧州血液学会(EHA)年次総会で発表された。

遺伝子NADKは、これらの潜在的な治療標的の中で最も有望な1つだった。

それは「活性酸素種」(ROS)の損傷から保護することができるNADP細胞を生成する。

研究者らは、NOTCH1駆動型のT-ALL細胞がこれらの有害な酸素化合物を大量に生成し、NOTCH1がそれらから細胞を保護するために、細胞が急速に増殖することを可能にし、NADKを活性化する別のシグナルを送ることを発見した。

NADKの阻害は、顕著な副作用を引き起こすことなく、T−ALL細胞の増殖を強く阻害し、T−ALLを有するマウスの生存を延長した。

この知見は、NADKの強力な阻害剤の開発がT-ALLのより効果的な治療を高めながら、患者への副作用を減らす可能性があることを示している。

https://ecancer.org/news/16197-eha-2019–burning-out-the-t-all-engine–nadk-is-a-new-therapeutic-target-in-t-cell-acute-lymphoblastic-leukaemia.php
(2019年6月15日公開)

Gut Japanese abstract collection
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2019 Conference News 速報
国際学会カレンダー
ID Week 2018
HIV Glasgow 2018
AIDS 2018 Conference News