トップ > ニュース

ニュース

ecancer:血液:EHA 2019: Acalabrutinibは再発性または難治性の慢性リンパ性白血病において著しい有益性を示す

03 Jul 2019

再発性または難治性の慢性リンパ性白血病(CLL)におけるブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤(BTKi)acalabrutinibの第III相ASCEND試験について、2019年欧州血液学会(EHA)年次総会で発表された。

この研究では、acalabrutinibと一般的に使用されているCLLレジメンであるイデラリシブ(IdR)またはベンダムスチン(BR)とリツキシマブの併用をテストした。

BRK阻害はCLLにおける確立された治療アプローチである。

Acalabrutinibは、CLLを有する患者においてすでに実質的な活性を示し、かつ忍容性を改善しており、BTKの非常に選択的で強力な阻害剤である。

本研究では、acalabrutinib単独療法は、再発性または難治性CLL患者において、IdR / BRと比較して、 忍容性がより高い安全性プロファイルを示しながら無増悪生存期間(PFS)を有意に改善し、16.1か月後に、疾患の進行または死亡のリスクを69%減少させた。

12か月時点で、acalabrutinibを服用している患者の88%が、対照群の68%と比較して疾患の進行を示さず、忍容性は既知のプロファイルと一致していた。

これらの結果は、CLL患者に対して、有効ではあるが、忍容性の高いBTKiの必要性があることから重要である。

ASCEND試験の結果は、acalabrutinibが、忍容性が高く、非常に効果的なBTKi治療の選択肢を提供することによって、現在の治療法を変える可能性があることを示している。

https://ecancer.org/news/16200-eha-2019–acalabrutinib-shows-remarkable-benefit-in-relapsed-or-refractory-chronic-lymphocytic-leukaemia.php

(2019年6月15日公開)

Gut Japanese abstract collection
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2019 Conference News 速報
国際学会カレンダー
ID Week 2018
HIV Glasgow 2018
AIDS 2018 Conference News