トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液:EHA 2019:併存疾患を有する治療歴のない慢性リンパ性白血病患者に対するベネトクラクスとオビヌツズマブによる新たな固定期間標的療法の導入

12 Jul 2019

併存疾患を有する慢性リンパ性白血病(CLL)患者に対する現在の標準治療は、固定期間化学免疫療法または継続的かつ無期限の標的療法である。

このアンメット・メディカル・ニーズに対する答えとして、新しい固定期間標的療法が新たに開発された。

ベネトクラクスはB細胞リンパ腫2(BCL2)の選択的阻害によりCLLのアポトーシスを急速に誘導する。BCL2はがん細胞死を制限し、CLL細胞において過剰発現するタンパク質である。

オビヌツズマブは、悪性CLL細胞に結合し破壊することが可能な抗CD20モノクローナル抗体である。

前臨床データは、オビヌツズマブと併用した場合のベネトクラクスに最大の相加効果があることを示唆している。

CLL14試験は、ドイツのCLL試験グループによって設計された。本試験の目的は、併存疾患のある未治療CLL患者に対する、クロラムブシル+オビヌツズマブの標準的化学免疫療法レジメンと、ベネトクラクス+オビヌツズマブの化学療法を含まない固定期間療法との治療効果の比較検討である。

微小残存病変(MRD)に関するデータを含む有効性データに特に重点を置いたCLL14試験の結果は、2019年欧州血液学会(EHA)年次総会で発表された。

無増悪生存期間(PFS)の主要評価項目に関して、ベネトクラクス+オビヌツズマブがクロラムブシル+オビヌツズマブより優れていることが確認され、治療開始2年後の無増悪生存率は88%対64%であった(いずれの治療群においても、無増悪生存期間の中央値には達しなかった)。

さらに、投与終了後3ヵ月時点のベネトクラクス+オビヌツズマブ併用療法群患者の76%で、血中の微小残存病変が陰性(血液または骨髄中の病変検出不能)であることが確認された。陰性率35%であった標準治療群患者と比較して、ベネトクラクス+オビヌツズマブ併用療法群のMRD陰性率は2倍以上であった。

ベネトクラクス+オビヌツズマブによる固定期間の標的療法は、併存疾患のある高齢のCLL患者に安全に投与することが可能であり、クロラムブシルおよびオビヌツズマブと比較して以下の項目において優れたアウトカムを示した。

•無増悪生存期間
•全体奏効率
•完全奏効率
•MRD陰性率
•IGVH未突然変異、17p欠失またはTP53突然変異患者を含むすべての関連サブグループ

さらに、この併用療法は、これまでの無作為化前向き試験で観察されたMRD陰性反応の最高率を達成した。

これらの結果に基づき、オビヌツズマブとの併用によるベネトクラクスは、米国食品医薬品局(FDA)による画期的治療の指定を受け、Real-Time Oncology Review(RTOR)パイロットプログラム適用のもと再検討され、その後、未治療CLL患者または小リンパ球性リンパ腫(SLL)患者に対する治療として承認された(2019年5月15日)。

これらの所見は、併存疾患のあるCLL患者に対する第一選択療法として、固定期間化学療法であるベネトクラクス+オビヌツズマブ併用療法を支持し、継続的な無期限BTK(ブルトン型チロシンキナーゼ)阻害薬治療の代替治療としての選択肢を確立する。

https://ecancer.org/news/16185-eha-2019–introduction-of-a-new-fixed-duration-targeted-therapy-with-venetoclax-plus-obinutuzumab-in-previously-untreated-patients-with-chronic-lymphocytic-leukaemia-and-coexisting-comorbidities.php

(2019年7月12日公開)

Gut Japanese abstract collection
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2019 Conference News 速報
国際学会カレンダー
ID Week 2018
HIV Glasgow 2018
AIDS 2018 Conference News