トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:泌尿器がん検出のための新しい「ツールボックス」

23 Apr 2020

Ghent University(ベルギー)およびUniversity of Turku(フィンランド)の研究者らは、泌尿器がんのバイオマーカーを発見する新しい方法を開発した。

この方法により、時機を逃さずにがんの診断と治療をすることができる。

泌尿器がんには、前立腺がん、膀胱がん、腎臓がんなどがある。

バイオマーカーは、がんの存在を示す生体内の生物学的徴候である。

新たなバイオマーカーの有望な供給源は細胞外小胞である。

細胞外小胞は微細な小胞で、がん細胞によって尿などの体液に放出される。

尿中のこれらの小胞の検出と検査は、泌尿器がんの早期発見を可能にする新しい検査法を開発する大きな可能性を秘めている。

しかし、これに関連する研究はまだ始まったばかりだ、とGhent UniversityのBert Dhondt氏は言う。

今日まで、細胞外小胞を十分な有効性をもって尿から分離する方法は存在しない。

このような方法は、これらの小胞を調査し、患者の診断と治療のために使うには不可欠である。

これらの有望なバイオマーカーに関する広範な実験室研究は、患者を助ける可能性のある新しい尿検査にまだ応用されてはいない。

最近報告された研究では、この問題にいくつかの方法で対処している。

研究者らは、尿から細胞外小胞を分離するために現在使用されている方法は、新しいがんバイオマーカーの検出には最適ではないと結論づけた。

そのため、彼らは尿の細胞外小胞の組成をマッピングするための新しい「ツールボックス」を開発した。

この「ツールボックス」は、Ghent Universityで開発され、細胞外小胞を尿から高純度で分離する新しい方法で構成されている。

さらに、University of Turkuの研究者らは、小胞のタンパク質組成を決定する方法の開発に関与した。

「ここUniversity of Turkuには生物学的サンプルのタンパク質組成を決定するためのノウハウと世界最高の機器を備えている。一方、Ghent Universityの研究者らは、細胞外小胞研究分野で卓越している」

「したがって、仕事の配分は最初から非常に明確だった」とUniversity of Turku生化学部のDocent Pekka Rappu氏は指摘した。

研究者たちは、この新しい方法を前立腺がん、膀胱癌、腎臓癌患者の尿サンプルに適用した。

彼らは、尿中の細胞外小胞が様々な泌尿器癌に特有のタンパク質の特徴を持っていることを立証した。

この新しいツールボックスを使用して、研究者たちは、尿細胞外小胞のタンパク質組成を前例がないほど詳細にマッピングすることもできた。

細胞外小胞は、有望な癌のバイオマーカーとして認識されつつある。この最近の研究のおかげで、研究者は現在、有望な新しい尿検査の開発に一歩近づくための新しい「ツールボックス」を利用できる。

Bert Dhondt氏は、将来的に、この研究結果は、より迅速な診断と時機を得た治療を通じて泌尿器癌患者を支援する可能性があると述べた。

https://ecancer.org/en/news/17664-new-toolbox-for-urological-cancer-detection
(2020年4月17日公開)

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連情報一覧
CROI 2020 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Literature-based Program
EACS 2019 Conference News 速報
Gut Japanese abstract collection
国際学会カレンダー