トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:COVID-19中の肺がんスクリーニングと管理に関する専門家による指針

08 May 2020

RadiologyImaging Cancer誌、Chest誌およびJournal of the American College of Radiology誌において、COVID-19パンデミックの間に肺がんスクリーニングプログラムを管理する臨床医および肺結節患者にガイダンスを提供するための専門家パネルの新コンセンサスステートメントが本日同時に発表された。

 

世界の多くの地域において、COVID-19による公衆衛生上の危機は、医療システムに対して、その限界点に近づくか、あるいはそれを超えてストレスを与えてきた。

病院のリソースは、病気に苦しむ患者、特に重病の患者の差し迫ったニーズに焦点を当てている。

 

医療システムへの負担、および封じ込めと緩和策の実施によるウイルスを制御する必要性は、他の一般的な医学的障害を持つ患者のケアに影響を与えている。

 

臨床医は、病院で患者をウイルスに曝すリスクに対して潜在的に必要な検査を遅らせるリスクと、無症状だが保菌の可能性のある患者に医療従事者を曝すリスクとのバランスをとらざるを得なかった。

 

これは、COVID-19の患者を評価および治療するための病院職員を含むリソースの再配置によってさらに複雑になる。

 

「日常診療中の曝露または感染の潜在的リスク、ならびにパンデミックとの闘いを支援するためのリソースの転用により、臨床医はケアのタイミングについて決定を迫られた」と、Lung Cancer Program and Lung Cancer Screening Program for the Cleveland Clinic Respiratory InstituteのディレクターであるPeter J. Mazzone氏は述べた。

 

「この文書は、これらの決定に役立つと期待されるガイダンスを提供する。パンデミック中の標準的診療からの許容可能な差異を概説し、特定の患者に対する決定に影響を与える可能性があると考える事項を提供する」

 

肺がんのスクリーニング検査の実施または肺結節の評価はどちらも、COVID-19パンデミック中にさらなるリスクを伴う。

 

患者、他の患者、および医療提供者には、医療環境への曝露、およびテスト実施中に発生する接触からの追加のリスクがある。

 

外科的切除からの回復は、無症状のウイルス保菌者によって影響を受ける可能性がある。

 

これらの追加リスクにより、現在の(COVID以前の)ガイドラインの推奨事項によってもたらされる利益と害のバランスが混乱する可能性がある。

 

また、次のような分野では、選択的手続きのキャンセルと画像化に向けて医療リソースがシフトしている。

 

COVID-19が急増している、またはシステムが急増の準備をしているところでは、利用可能なガイドラインに準拠することがより困難になっている。

 

これらの曝露リスクとリソースの制約により、米国疾病管理予防センター(CDC)は緊急ではない治療を延期することを提案している。

 

今日まで、臨床医と病院システムは、パンデミックの間、スクリーニングと肺結節管理プログラムをどのように変更するかを単独で決定してきた。

 

コンセンサスステートメントは、現在のCDC COVID-19ガイダンスと一致する方法で、肺がんスクリーニングの実施と肺結節患者の管理に関して、臨床医に専門家の意見を提供するために作成された。

 

コンセンサスステートメントの作成には、3人のプロジェクトリーダーと21人のパネルメンバーが参加した。

 

彼らの専門は、呼吸器学、胸部放射線学、胸部外科などだった。

 

12のシナリオが作成され、それぞれに投票が必要なステートメントが含まれていた。

 

すべての声明の投票結果は、投票するパネルメンバーの70%が同意または強く同意するという基準値を超えた。

 

シナリオの推奨事項と注意事項がレポートに含まれる。

 

ベースラインを遅らせる、または毎年のスクリーニングを繰り返すという推奨事項については全会一致で合意し、パネリストの95%以上が、偶発的に、またはスクリーニングによってがんの可能性が低いか、遅発性のがんである可能性が高いと検出された肺結節の評価を遅らせることに同意した。

 

コンセンサスは一様ではなかったが、平均直径が8 mmを超える結節のある患者の評価と管理を遅らせたり変更したりするための推奨事項については、それでも強固だった。

 

著者らは、これらの推奨事項は「万能」ではなく、すべてのシナリオで患者の優先事項を考慮すべきであると述べている。これは、個々の患者が、評価または管理の遅延または変更に関連する潜在的な利益と害をどのように認識するかが異なる可能性が高いためである。

 

この論文は、状況が流動的であり、通常診療に戻ることが望ましい時期を判断することは現時点では不可能であると指摘している。

 

「これらの記述がお役に立てば幸いである。また、肺がん検診の対象となる個人、肺結節の患者、およびそれらを治療する臨床医に安心と指示を提供することを願っている」と、著者らは結んでいる。

 

RSNA(北米放射線学会)は、放射線科医と放射線学コミュニティを最もタイムリーで有用なCOVID-19に関する情報とリソースに繋げることに取り組んでいる。

 

RSNAのCOVID-19リソースページには、最新のガイダンス、独自の調査、画像コレクションなどが含まれている。

 

このページは継続的に更新される。

 

https://ecancer.org/en/news/17707-experts-issue-guide-on-lung-cancer-screening-management-during-covid-19

 

(2020年4月24日公開)

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連情報一覧
CROI 2020 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Literature-based Program
EACS 2019 Conference News 速報
Gut Japanese abstract collection
国際学会カレンダー