トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん患者はCOVID-19により高い死亡率に直面している

14 May 2020

COVID-19のがん患者に関する最大規模の研究は、この影響を受けやすい集団を守る方法に関するガイダンスを提供している

 

Montefiore Health System およびAlbert Einstein College of Medicineの医師や研究者らによると、COVID-19を発症したがん患者は非がん患者よりも死亡する可能性がはるかに高いという。

 

Cancer Discovery誌のオンライン版で発表された本研究は、COVID-19に感染しているがん患者の転帰を評価する現在までで最大の研究である。

 

「我々の調査結果は、がん患者のCOVID-19感染防止の必要性を強調し、もし感染した場合には危険な症状について個人を特定して綿密に監視する必要がある」と本研究の共同筆頭筆者であるMontefiore Health System外科腫瘍医および耳鼻咽喉科准教授であり、Albert Einstein College of Medicineの頭頸部外科医でもあるVikas Mehta M.D.,M.P.H.は述べた。「我々の調査結果が、このパンデミックにそれほど深刻な被害を受けていない州とコミュニティにがん患者が直面している独特の脆弱性に関する情報を提供 できることを願っている」

 

本研究は、2020年3月18日~4月8日まで、米国においてパンデミックによる打撃を最も強く受けた米国ニューヨーク市ブロンクスのMontefiore Medical Centerで、COVID-19の検査で陽性となった218人のがん患者を対象とした 。

 

計61人のがん患者がCOVID-19により死亡した。これは、28%と非常に高い致死率である(WHOによると、米国におけるCOVID-19の死亡率は5.8%である)。

 

「重要な要因は、死亡率はがんの積極的治療よりも脆弱性、年齢、および併存疾患に密接に関連していることである」と共同上席著者であるMontefiore Health SystemおよびAlbert Einstein College of Medicine教授のBalazs Halmos, M.D., M.S.は述べた。

 

「我々のデータは、救命のためのがん治療を止めるべきではなく、COVID-19に対する潜在的な曝露 の可能性を最小限に抑え、最も脆弱ながん集団の治療を再評価する戦略を開発すべきだと示唆している」と、共同執筆者であるMontefiore Health System血液腫瘍学、Albert Einstein College of Medicine医学および発生生物学と分子生物学教授のAmit Verma M.B.B.S.は説明した。

 

これらの患者の治療期間は、入院を必要とするより強い症状の患者を対象にほとんどすべての検査が行われた流行の初期であった。

 

これは、本研究のがん集団内で高い死亡率がみられた理由の一つかもしれない。

 

ただし、同じ期間のMontefioreとニューヨーク市全体の非がん患者の死亡率と比較した場合でも、がん患者ではCOVID-19による死亡リスクが有意に高かった。

 

グループとしては、白血病やリンパ腫などの血液がんであるCOVID-19患者は死亡率が最も高く、37%(54人中20人)であった。

 

固形悪性腫瘍患者の死亡率は25%(164人中41人)であった。

 

特定の固形がんにおいて顕著な違いが観察された。肺がん患者の死亡率は55%、結腸直腸がん患者は38%であったが、乳がん患者の死亡率は14%、前立腺がん患者の死亡率は20%であった。

 

特定の基礎疾患-高齢、高血圧、心臓病、慢性肺疾患-は、COVID-19感染がん患者の死亡率の増加と有意に関連していた。

 

COVID-19で死亡したがん患者の詳細な分析によると、これらの半数以上(61人中37人)がCOVID-19と診断される前の30日以内に老人ホーム、病院、救急科など、COVID-19に対する曝露のリスクが高い場所にいた。

 

これは、幅広いソーシャル・ディスタンスが導入される前であった。

 

Montefioreは研究結果として、遠隔医療とがん患者のための早期かつ積極的なソーシャル・ディスタンスの実施、およびがん外来と入院専用の臨床サービスの開始によって、既に臨床診療を変更した。

 

また、バイリンガルのピアカウンセリングを開始し、ソーシャルワーカーを配置し、リスクのある人々に食料の配達を実施した。

 

Montefioreは、医療制度全体にわたるデータの毎日の収集と照合に基づいて、COVID-19陽性が判明しているがん既往歴患者をすばやく特定できる。

 

これにより、ケアチームはこれらの人々に適切なケアを提供し、その結果を追跡するために即座に行動することが可能である。

 

https://ecancer.org/en/news/17743-cancer-patients-face-high-mortality-from-covid-19

 

(2020年5月4日公開)

 

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)関連情報一覧
CROI 2020 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Literature-based Program
EACS 2019 Conference News 速報
Gut Japanese abstract collection
国際学会カレンダー